授業

授業での発表を増やす方法【プロローグ】

  • 授業での子どもの発表、反応が少ない
  • 発表はあるが、特定の(特に学力が高い)子どもにかたよっている

そんな先生におくる、「授業での発表を増やす方法」シリーズ。

授業で発表が少ないのは子どもの責任ではありません。

教師の手立てが足りないのです。

適切な手立てを打つことで、どんな子どもでも発表できるようになります。

私の自治体では4月の授業参観の後に家庭訪問があることが多かったのですが、その家庭訪問で保護者から

「うちの子が参観日で、自分から手を挙げているのを初めて見ました。」

「高学年になって発表が減っていたのでそんなものか、と思っていたら、先生の授業でたくさんの子が手をあげているのを見て驚きました。」

「先生のおかげでうちの子も自信がついたようです。ありがとうございます。」

という声を多く頂きました。

発表が多い、子どもの反応が多い授業は楽しいです。

子どももがんばったという実感が持てます。

どんな授業でも子ども達は発表できるという安心感があれば

授業参観や、研究授業が全く怖くなくなります。

明日からすぐに使える手立てを少しずつお伝えしていきます。

ぜひご覧ください。

RELATED POST